UO北斗・初代ユー首長の書斎

This was the office of the head of Yew City in UltimaOnline Hokuto.

戦士への道、そして改名など

わたくしsyunanは、プレイ開始当初である1999年頃のからHokutoに存在し、2012年ころには首長を務めることで一瞬の輝きを放ったものの、スキルやステータス配分は20世紀のまま永らく放置されてきたため、戦士としての実用性は皆無という不遇なキャラクターだった。
そんな私は、ここのところ生まれ変わるべく修行を積んでいたのだ。
中の人にとって、はじめての白豚である。
これまで、手持ちの戦えるキャラクタとしては、メイジひとすじでプレイしてきたので、戦士を育てるということが、やることなすこと新鮮極まりない。

武器を買いそろえるべく、ベンダーをまわったり、こだわりの武器を自作すべく、構想を練っては、素材収集、改良、錬成、後強化、、、、
うーん、楽しい。
これまでに入手し、使われないまま放置されてきた戦士向け装備群を組み合わせてみるだけでも、結構いい線いったりするのも楽しい。
・・・どうしてこれまで、こんなに楽しいことから避けてきたのだ私は?
って思ったりする。
とはいえ、最初は弱かった。
金閣下に張り付けなくて、ブラッドダンジョンの回廊をぶざまにグルグル逃げ回っている青い人を見かけた人も少なくはないだろう。
リクターに苦戦して討伐までに死にまくって20回以上アンクを往復したこともあった。
倒したときは死後復帰用の神秘ブーツ24チャージがほぼ空になってたなぁ。
バラまかれたゴールドと失った保険金がプラスマイナスゼロで、苦笑いしたっけ。
yes


今は、イルシュナー湧きなら、(悪魔湧きを除く)ソロで討伐できるようになった。
もちろん装備やスキルは最新鋭のスペックじゃないけど、ようやく戦士らしく振舞えるようになった。
これを機に、キャラネームも変更した。
なぜか小文字スタートだった頭文字を大文字に改めつつ、「syunan」から「Syunan Stratwind」へと改名した。
こんなにプレイしていても、まだまだまだやってないことが沢山ある。
名前は変えても中の人は同じなので、今後ともよろしくどうぞ。

シュナン・ブルー ソードベルト

Pub106のイベントで、ギルドのメンバーさんと一緒にエセリアルソウルバインダーでソウルを集めた。主にコーガルまわしてゲットした。

事前にギルマスが

「おいおまい、空のエセリアルソウルバインダー20本とかバックパック第一階層へ入れとけYo!(シンガポールなまりの英語)」っていうから、「そ、そんなに><?」と泣きながらベンダー回ってエセリアルソウルバインダーを買いあさったんだが、結局その日にゲットできたソウルがMythical×17本=170000ポイントだったので、ギルマスの言うことはあながち間違っていなかったのだ。

ポイントで早速アイテムへ交換した。

75000ポイントを消費して、クリムゾンソードベルトのレシピを入手。

これはいい。

かねてからMLエプロンの外観が戦士には似合わないことが気になっていたのだが、ブラックソンダンジョンは正直しんどくて忍者帯の入手はあきらめていたからだ。これで、MLエプロンをソードベルトの外観へ変更できるわけだ。

追加の素材として、MLエプロンに皮、布を少々と、磁鉄鉱10が必要とのこと。

これに便乗してか、磁鉄鉱10がどこかのベンダーで10Mで売られてたけれど、それはさすがに手が出ないので、アビス均衡エリアへ初めて行ってみた。私のような育成中の戦士でも1.5時間程狩りをして磁鉄鉱はほどなく集まった。

で、いよいよソードベルトの作成だ。

どうやら素材の布の色を反映させることができるっていうんで、私はニヤリとした。

そして当然カオスブルーに染め上げた布で作成を開始した。

出来上がったものを装備した状態がこれ、クリムゾンソードベルト、

いやむしろ、シュナン・ブルー ソードベルトだ。


bluebelt

 

「シュナン・ブルー」とはなにかを知る人はほとんどおらず、私が心の中でそう呼んでるだけだが。

シュナン・ブルーについては、こちら↓

「またいつか、ブリタニアの空の下で。」 あひるさんのおしりUO より 

そして、こちら↓

yew.blog.jp/archives/8122421.html

 

俄然、戦士っぽいじゃないか!

実をいうと、最近になって、遅まきながら自分を戦士として育てている。

かつて、ユーの首長時代、わたしは完全に張り子の虎だった。

首長をロールプレイするためだけの存在で、実際には戦士としては10年前のスペックだった。

あの整備士に言わせれば、まさにジオングの足、すなわち「ただの飾り」だった。

今は少しずつ錬成も覚えて、装備をそろえたりするのが楽しいし、メイジでは近づけなかった場所や出来なかったことに挑戦できるのが嬉しいのだ。

このソードベルトにふさわしい戦士になりたいものだ。

Enjoy UO!

剥製と像の海的コラボ

我が家を飾る海的アイテム、シーサーペントの剥製と「謎の像」ってやつを強引に組み合わせてみた。そしたら結構いいかんじー。
seaserpent1


謎の像っていわゆるマーマンって感じだから、シーサーペントを“しもべ”というか、頼れる味方として使役してそう。
ふおおおおお!なんかこれ「うしおととら」っぽくないすか?!

うん、しばらくこの状態で飾っとこう。

オルゴールの歯車を集める

家でくつろぐために、オルゴールを購入した。
ノスタルジックな曲を流しつつデイビーズロッカーを眺め、海に思いを馳せる。

オルゴール

まだ奏でることのできる曲が少ないから、自力で集めていこうと思っている。

オーク船タイプの戦艦発進!

ついに!私たちは、オーク船の設計パーツ8種類を集め、オーク船を手に入れた。
tuini

ri--chi
これがリーチの状態で、今夜ついに最後の切れはしが手に入ったのだ。

no7
これらを合成して、、、
kenrisho

見事、権利書が完成した。そして、、、

1907172
オーク船タイプのガリオン船を建造。
船体の着色と、大砲の武装を整え、戦艦「Executioner」いよいよ発進である。

感無量だ。




プロフィール

Syunan

「Ultima Online」のHokutoシャードにてユー(Yew city)の首長を務めていました。多くの市民と手探りにて職務遂行した記録です。
当時の合言葉は、
Yew! きちゃいな Yo!
令和元年UO復帰。

最新コメント
アクセスカウンター