UO北斗・初代ユー首長の書斎

This was the office of the head of Yew City in UltimaOnline Hokuto.

首長の覚悟 「安心をあなたに」

首長としての執務に取り掛かるにあたって、まず最初に私は決めたことがあった。

それは、

私財を投げ打ってでも、暗殺者ギルドとの契約は確実に継続する。

この一点である。

正直なところ私は裕福ではないので、もちろん寄付はいただきたい。また、親しい友人のフトコロを期待したり、リッチなギルドメンバーに泣きつくのは簡単な方法だが、それらは本来あるべき姿と違う気がする。

寄付は、なるべく多くの方に、ユー市民になってもらったうえで、皆が苦労しながらも少しづつ負担するのが良い。可能ならばその寄付金を捻出するために皆でイベントや狩りなどを企画し、喜びや苦労をシェア(共有)することこそが、私の理想である。

だが、いきなり市民を集めるべき初期段階に市民の寄付に頼り過ぎるのは不可能だと、早いうちに悟った。

それはなぜか?

今、市民が最も求めているもの、
それは 「安心」であると考えたからだ。


つまりこうだ。
市政制度が開始して間もない現在、新たに市民となろうか迷っている方の多くはこう考えている。
「ギルド契約の恩恵は欲しいなあ。寄付も、少しぐらいならできるぞ。
 けれど、市民が少なくて毎週多額の寄付負担を迫られたらどうしよう?
 さらに言えば、寄付が集まらずに契約がストップしたら、わざわざ市民を宣言する意味が無いし、、。」


つまり、先行きが不安定だから市民となることに尻込みしてしまうのだ。
そしてその尻込みの結果として市民が増えない→市民が増えないから収入が不安定→契約が続くのか不安→損する恐れ→ますます市民が増えない→さらに不安→(以下繰り返し)
という、過疎化スパイラルに陥るのだ。

そしてもう一点、我々はゲーム理論で言うところの「囚人のジレンマ」に近い状況に陥っている。

 ・まず市民が何人いるのか?誰が寄付するのか?が、お互いにわからない。
 ・誰しも他人の寄付に「タダ乗り」したい
 ・寄付した者にとって「タダ乗り」する連中は、釈然としない。
 ・だからといって、様子見ばかりしていて誰も名乗り出なければ、結局皆が損をする


このジレンマ、、、、そして先述の「過疎化スパイラル

私はこの二つの問題を、ぶっ潰してやりたかったのだ。

こんな、しゃらくさい水面下の心理的駆け引きなど私が木端微塵にしてやることにした。

それにはまず「安心」を約束することである。
私が最大24,000,000gpを負担する覚悟で臨めば、それが
「Syunanの任期中は、何があっても契約は途切れない」
という圧倒的な安心感となって仲間を呼ぶと信じたのだ。

タダ乗り?、、、大いに結構である。

速度マントが暴落しちゃうかも?、、、うーん、そうかもなw。


以上が私の首長としての覚悟である。首長の仕事はギルド契約だけではなくて、本来は街のイベントや設備の要望や、市民の声を王様へ届けることも含まれている。しかし、アクティブな市民がいないことにはどうにもならないので、しばらくは市民を増やし、交流を強化することが中心となりそうだ。
もしもあなたがギルドにも属さず、アクティブな友人もおらず、あるいは復帰して間もない状況なら、、、、そう。

Yew! きちゃいな Yo!      なのである。

執務室の公開(ブログ開設)

ユー首長としてのウェブサイトを開設した。
すでに職務に就いてから1ヶ月を経過しているが、私なりに悩んだ挙句のことである。

私見に過ぎないが、本来はブリタニアの出来事はブリタニア内部で完結すべきだと考えている。
ゲームの中のことは、その世界に用意された道具や手段を可能な限り活用することで成り立つのが自然であって、市民の交流に外部のツールを併用しなければいけないことには強い抵抗を感じていたのだ。今でもそう感じている。
しかしながら、現状は、ゲーム内だけでは市民同士の交流を促進するためのインターフェイスがあまりにも貧弱と言わざるをえず、このままでは首長制度や寄付の制度がまともに機能しないと判断した。

そもそも私がみなさんに伝えたい熱い想い,パッションはゲーム内の文字制限付き掲示板などには収まりきらないのだ。

そして他シャードの動向なども勘案した結果、遅まきながらサイトの開設に至ったのだ。

サイトはブログの形式とした。いっそのことフェイスブックでもよかったのだが、従来のブログ形式のほうが管理が容易だし無難だろう。

しばらくは、過去のネタも掲載したりせねばならないので、時系列が前後するかもしれないが、ご了承願いたい。
この執務室がユー市民だけでなく、この首長制度に興味のある全ての皆さんのお役に立てれば幸いである。

第2回評議会(その2)

御機嫌よう! ユー首長のシュナンです。
以下の評議会会合について前回スレッド のつづきである。

前回スレッド:第2回評議会(その1)    

    7月28日21:00~ / 北斗シャード / 評議会会合
    議題: 各街の特色、およびふさわしい街の振興策についての意見交換

今回は、評議会の内容について報告する。
討議の内容の一部始終については、口述筆記をとっていた方の素晴らしいサイトがあるのでご覧になっていただくとよい。
 あひるさんのおしり UO 「北斗EMイベント:7月の評議会レポート」  

ここでは私の発言内容についての概要やフォローを述べたい。

私の言いたかったことは以下の4項目であった。

  1)首長就任以降のユーでの取り組み,広報活動について
  2)財政状態報告とギルド契約の見通し
  3)節税対策の提言
  4)今後の振興策のアイデアと王室への要望

ここで注目していただきたいのが 私が王室へ要望した内容である!
その他の首長のみなさんとは、全く異なる方向性で提言させていただいたのだ。

すなわち、首長の皆さんから発せられた要望の多くは、ギルド契約更新の費用である毎週2,000,000gpが高すぎるとか、1日あたりの町の運営経費5%が負担として重すぎるので緩和してほしいという、どちらかといえば消極的なトーンのものばかりであった。

…私を除いては。

私とて寄付を集めるのは大変と感じている。しかしあえてそれは口にしなかった

そのかわりに、私は出来るだけの努力について報告したうえで、「寄付を集めるために必要となる首長を含めた市民間のコミュニケーションを円滑化するインターフェースを整備できないか」と要望したのである。

どうして街の財政負担緩和を求めなかったかというと、それがひどくカッコ悪く、首長として不名誉に思われたからだ。
だってそうじゃないか。まだこの首長&市政制度はスタートを切ったばかりであり、王室(運営側)とて手探りなのだ。弱音を吐くにしたって早すぎる。それなのに実質初回の評議会で、

「ハードル下げてくださいよ~TT」

的な後ろ向きな弱音ばかりが評議会を支配すれば、新体制のスタート早々に、ブラックソーン王を失望させるに違いないと思ったのだ。

だからハードルを下げることは求めずに、むしろこう言ってやったのである。

ハードルは越えてやる! 必ずだ!。

   だから王よ! 我々に闘う力を与えてほしい!
」 と。


この評議会の直後くらいからだろうか、、、。
私は、この首長という、なんとなく成り行きで就いた職務に、ふつふつと血がたぎり始めていることに気付いたのである。

ユー市民になるには

みなさん、ユー市民になりませんか? ここではその方法を記載します。

まず公式ホームページでの説明はこちら↓。
UO公式:「街の忠誠度」

つまり2Dクライアントの場合は、

(1)自分のキャラクターをワンクリック
(2)コマンドメニューから「忠誠度」を選択
(3)忠誠度画面の最下部にある「街の忠誠度ボタン」を押す。
(4)「街の忠誠度」画面で、街の名称「ユー」の隣にある青い宝石ボタンをクリック

これだけ。市民を宣言するだけなら、ユーを訪れる必要も無く簡単に完了する作業だ。
注意点として、すでに他の街の市民を宣言している方は、いったん従来の宣言を破棄せねばならず、その後に1週間待機せねばならない。

市民を宣言したら、ユー首長の選挙に投票が可能となる。ユーCity heraldへの寄付もできる

ただし、これだけではギルド契約の恩恵を受けることはできず、恩恵を受けるには、街の忠誠度を「評判の客人」以上まで上昇させねばならない。

街の忠誠度は「認知度」と「清らかさ」という二つのパラメータの組み合わせで決まっている。
街の忠誠度を上昇させる行為とは、私が知る範囲では、

 1)クエスト(放火魔NPCなどを逮捕する)
 2)ボス湧きのモンスターを討伐する
 3)寄贈所への資材やペットの寄付

などがあり、特に3)が手っ取り早いので、やり方を少し説明する。
まず、この寄付は市政ストーンへの寄付ではないことに注意である。

寄贈所の位置は下の地図の場所であり、「Minister of Trade」という人物と、寄付を受け付けるコンテナ、そして"つなぎ柱"がある。
コンテナに、皮,木の板,インゴットなどの資材を投げ込むことで忠誠度が上昇する。
私の優秀な秘書に聞くところでは、木の板4000枚程度で、初期状態の忠誠度が「評判の客人」に達するようだ(※ちなみに「人気の知人」になるには20000枚を必要とする)。

trade

ユーの寄贈所の場所は、似た地形が周囲に散在するため迷いやすく見つけるのが面倒だ。
そこで首長官邸 の玄関先に設置したルーンブックに寄贈所のルーンを設置しておくので活用してほしい。

******* 追 記 ********
ユーでは、新たに市民になって下さる方のために、
その手続きを極力簡素化できるよう、
Yew!きちゃいなYo!セット を販売している。
この名物商品の活用を検討いただきたい。

第2回評議会(その1)

7月28日21:00~ / 北斗シャード / 評議会会合
議題: 各街の特色、およびふさわしい街の振興策についての意見交換

会合の様子はこのようなものだった。
hyogikai1

首長の出席率が低く、空席が目立つ。
特に今回は英語を母国語とする首長の出席率が悪かった。

、、、が嘆いても仕方がない。これが現実である。

ちなみにユー首長の席は向かって右端であり、執務中の私のコスチュームはこんな感じである。
syunan1



さらに言うと現国王陛下であるキング=ブラックソーンはこんな感じ。
20130803163900

なんかカッコいいな、、、ずるいぞ。

評議会の感想としては、やはりこの場は時間的に、事後報告であるとか一方的な意見の表明程度が限界であって、首長間の連携や意見交換といった高度なアクティビティには別途の場と十分な時間を設ける必要がある、ということを認識した。

私も発言を求められたので、ユーの代表者として意見を述べさせていただいたが、その内容については次回に。
プロフィール

Syunan

「Ultima Online」のHokutoシャードにてユー(Yew city)の首長を務めていました。多くの市民と手探りにて職務遂行した記録です。
当時の合言葉は、
Yew! きちゃいな Yo!
令和元年UO復帰。

最新コメント
アクセスカウンター