現在ブリタニアには首長制度に併せて、街内で寄付を集め、そのお金で任意のNPCギルドと契約を結び、ギルド毎に特徴的な恩恵を市民が受けるというシステムが発効している。

<ギルドの種類と契約による恩恵>

  神秘秘術ギルド:魔法ダメージ +5
  裁縫師ギルド:各抵抗 +1
  バード協議会:ファストキャスト +1
  技術組合:DEX +3
  ヒーラーギルド:包帯治療ボーナス +5%
  海洋ギルド:ヒットポイント回復 +2
  商人連合:マナ回復 +2
  鉱夫共同体:STR +3
  レンジャーリーグ:INT +3
  <b> 暗殺者ギルド:武器速度 +5</b>
  戦士ギルド:命中 +5


詳しくは、こちらの公式サイト を見ていただきたい。
また新UO職業案内所 には現在各シャード各街の首長およびギルド契約状況がリサーチされているのでご覧いただきたい。
ユーは現在、暗殺者ギルドと契約しており、少なくとも私の任期中は、これを確実に継続することを約束する。
そして「評判の客人」以上の市民であれば市政ストーンにて速度+5の恩恵を発動できるのだ。
更なる強さの追及、あるいは装備品の経費節減などに、ぜひ活用いただきたい。

もちろん、速度+5 などという破格の恩恵を無料で得ることはできない。
ギルドとの契約には“街として”資金の調達が必要なのだ。
ここで、市民ひとりひとりに直接負担を要求されるわけではないので、その点は安心していただきたい。
ただし市民の誰かがこれを負担せねばならず、こうしている今もまさに誰かが負担してくださっていることには変わりないことを、心に留めておいてほしい。

契約のシステムや、その維持のための財源となる「寄付」については、別に述べる。