本日(2/24)AM9:00頃のメンテナンス明けに、ユー市政(第3期)が暗殺者ギルドと10回目の契約を締結したことを報告する。
ユーへの忠誠度が「評判の客人」以上の市民は、ひきつづき武器速度+5の恩恵を発動できる。

前回の契約が日曜夜のイベント真っ最中だったことは、前スレッドにて申し上げたとおりだが、その一週間後ということで、もしかすると23日の評議会の真っ最中にまたもや契約が切れるのでは?と内心ドキドキしていた。

しかし、実際には日付を跨いで24日の午前2:00頃までは契約は継続しており、私も眠くなったので契約を翌朝に見送った次第である。
このようなパターンはしばしばあって、実際には1週間と交渉されている契約期間もサーバのメンテ中はタイマーが凍結されているとかで、事実上は数時間後に契約が切れるようだ。
きっちり1週間でないうえに、一旦契約満了しないと契約更新できないことが、首長の執務を非常に煩雑なものにしている。まあしかたないが。そのあたり今後考えていかねばならず、それについて昨日の評議会ですこし構想中のアイデアを報告した。それについては別に次回スレッドに述べる。