UO北斗・初代ユー首長の書斎

This was the office of the head of Yew City in UltimaOnline Hokuto.

Council-評議会

6/1評議会の欠席と王室への手紙

皆さん御機嫌よう。ユー首長のシュナンです。
事後報告になるのだが、6/1に開催された北斗評議会はのっぴきならない事情で欠席した。

あらかじめ、王室には評議会で読んでいただくべく、次の書簡を送っておいた。
おそらく、ブラックソン王が直々に読んで下さったろうと思う。

---------------------------------------------------------------------------
「王陛下、そして評議会にお集まりの皆様へ。
わたくしユー首長Syunanは本日の評議会を欠席いたします。
理由は、妻が重い病気をわずらっているためです。
変わり果てた姿で病と闘う彼女を支えるために
私は今、一秒でも長く彼女のそばにいたいのです。
どうか我がままをお許しください。
また、同じ理由で、来期の首長選挙には出馬いたしません。
1年間もの間、首長として皆に支えられ、
1億1千5百万gpもの寄付を集めることができました。
それは私の誇りであり、ユー市民の誇りです。
・・・感謝の念に堪えません。
できれば、この枠組みと資産を引き継ごうというどなたかが
新たに立候補してくださるのを期待したいです。
そして、ユーの市政をよりよい方向へ導いていただきたい。
ただし、私が首長職を投げ出すことで市民の生活を混乱させたくもありません。
もしもユーに立候補者が現われず、契約が滞る恐れのある場合に限り、
改めてご任命ください。
その際は、ギルド契約の更新のみに徹する低空飛行な首長になりますが
どうかご了承願います。
以上、ユー市民の皆様に大変ご迷惑をおかけしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。」
---------------------------------------------------------------------------


首長選挙への出馬断念にあたっての理由は、手紙のとおりである。
ロールプレイ的な、もっと気の利いた理由でもこしらえればよかったのだろうが、
そんな余裕が今は無かった。
今後も首長を続けるか否かについては、家内の病が発覚してからというもの
3か月ほど悩み続けた。
第四期はほぼ人前に出ることもなかった。
首長としてやってみたいことや、企みもまだまだあった。

しかし、実際に家内の闘病が本格的に開始され
苦しむ家内を目の当たりにしたとき
そんな未練などは跡形無く消し飛んだ。
それは、本来は悩むまでもない愚問だった。

健やかなる時も
病める時も

私は妻を護ると誓ったのだった。

その誓いは 大抵の場合は健やかなる時に交わされるのであり それはたやすい。

しかし 病める時、、、

そのときこそ 二人の真価が問われるのだと思う。

私の意志は、王室に伝わった模様で、王室からもお返事をいただいた。

あとは、できれば市民の皆さんになるべく混乱の生じない形でソフトランディングできたらいいと思っている。
とはいえ、そのための根回しだとか、工作だとかをする余裕も全く無いので、当面は流れにまかせようと決めた。

北斗四期第二回評議会

昨晩は、第四期2度目の評議会が開催された。
ユーとしては、華々しい活動をしていないので、少し気が引けたのだが、まあいい。
何も変わったことが無くても、粛々とやるべきことを続けていく。今はそんな時期なのだ。

そんな中ではあるが、初代の枢機卿である“Lady Ino the Cardinal”を 王陛下や評議会に集まって下さる皆にお披露目できたことが、とても私としては嬉しい出来事であった。

大型店舗のオーナーでもあって、非常に多忙な身であるにもかかわらず、枢機卿という微妙にメンドクサソウな職務を快く引き受けてくれている。感謝だ。

それでは以下に、今回の演説の原稿を掲載しておく。

----------------以下、原稿---------------------------------
みなさんこんばんは。お集まりいただきありがとうございます。
早速ですが、ユーの振興策の経過についてお話しいたします。
まず、わたくしごとになりますが、
実はここのところブリタニアでの活動を控えており、
こうして皆さんの前に姿をお見せできるのも久しぶりになりました。
目新しいアクティビティや他都市との連携が乏しく、その点申し訳ありません。
ギルド契約の更新だけは、ほぼ遅滞なく継続してまいりますのでご容赦願います。
つぎに本題であるユー振興策についてお話しします。
今期は、ギルド契約が切れたことの発見,報告に対して懸賞金をかけることで
市民の皆さんへ通報を促し、空白期間を短縮する試みをはじめております。
その成果についてですが、今のところ通報が無いのが現状です。
もちろん私も、市民の通報に先んじて契約するよう努力していますので、
私が大きな空白が生じさせなかった成果であると解釈しています。
この結果、懸賞金に4回分のキャリーオーバーが発生しておりまして、
次回は1,500,000gpとなっておりますので、
契約切れを発見した市民のみなさんは、奮ってストーン横の掲示板への
書き込みと、グローバルチャットへの通報をお願いします。
なおチャットに不在の際は、ブログへコメント願います。
最後に、第四期のもう一つのユー振興策に枢機卿制度があります。
私の補佐役としての枢機卿(Cardinal)を募っているところですが、
現在、一人の枢機卿が誕生していることを申し添えておきます。

折角ですから紹介させていただきます。
こちらが初代枢機卿 Lady Ino さんです。
※上の2行については、当日、Inoさんが評議会へ駆けつけてくれたのを
  確認したうえで、急きょ原稿に書き足したものである。

以上で、ユーの報告を終わります。
----------------原稿、ここまで---------------------------------

さて、王陛下が仰っていた、川柳でも考えてみるか、、、、。

北斗四期第一回評議会

昨日北斗市政第四期の評議会が開催された。

今回の評議会は第四期評議会のうち第1回目のものである。
いわゆる定例の評議会であり、内容も各都市の振興策や事件の報告が中心となった。

私が報告にあたって、あらかじめ準備していた原稿を掲載する。

-----------------以下原稿----------------------------------------

それではユー第四期市政についてお話しします。
ギルド契約はひきつづき暗殺者ギルドとの契約により
武器速度+5の恩恵を継続いたします。

またユーでは
暗殺者ギルドとの「安定した契約続行」へのニーズが極めて高いので、
契約更新時の空白期間を最小化するための取り組みを進めております。

そこでまずご報告ですが、
Yewのギルド契約切れを通報くださった方への懸賞金制度を開始しました。
懸賞金の詳細なルールは、ブログ「ユー首長の執務室」をご覧ください。

さらにサポート役として枢機卿(Cardinal)をユー市民から現在募集中です。
枢機卿の主な役目は、いまのところ
契約の切れそうな時間帯に
たまたまプレイしていた場合だけで結構ですが、
グローバルチャットに入って通報を傍受していただくことをお願いする程度です。
興味のある市民の皆さんはよろしければご協力願います。

以上のように、契約の空白を減らすために、
ユー市民のみなさんの力をすこしだけ分けてもらう作戦です。

--------------------原稿ここまで------------------------------------------------------


今回は、アドリブも交えつつのスピーチだったので、現地での発言は若干異なる。

ブラックソン王の談によれば、現在のところギルド契約の自動継続(資金がある場合に限る)について王室内でも議論いただいているようだ。しかし制度の変更には時間がかかるとも仰せになったので、結果がどうあれしばらくは現行のままとみてよさそうだ。
よってユーとしては、「枢機卿」と「懸賞金」のしくみを試行しつつ、契約の空白を極小化する取り組みを進めたい。

北斗三期第三回評議会

2月23日の22:00より、北斗市政の第三期における評議会が開催された。

議題は第三期を満了するにあたり、今期の各都市の動向など報告に加え、次期首長への出馬の意向確認や、続投する際の都市振興策についてであった。

私の報告内容について以下に原稿を掲載する。
今回は、若干のアドリブ発言もあったので、当日の発言と100%同一ではない。

-----------------------以下、原稿----------------------------------

それではユーについてご報告いたします。
まずユー市政の第三期を振り返りますと、
市民の協力によって大きなトラブルもありませんでした。
無事任期を満了できることを喜んでおります。

また市民からの声についてですが、

王室およびブリテイン土木事務所への要望がありましたのでお伝えいたします。
内容は、トリンシック~スカラブレイ間の道路建設事業が進められていたものの
先日に空間の歪から現われし竜騎兵の事件以来、事業は中止と聞いております。
しかし、計画路線沿道に住むユー市民の中には非常にこれを残念に思うものが多く、
なんとか事業を再開願いたいとの要望が寄せられております。
ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

次期ユー市政につきましては、
引き続き立候補いたしますので、変わらぬご支援をお願いします。
ユーの次期振興策については、
より安定した市政の履行のために、2つの方策を練っております。

1つは、
私に直属する新たな職として
枢機卿(すうきけい)を任命したいと考えております。

枢機卿は、私の補佐役であると同時に、次世代の首長候補でもあります。

もうひとつは、契約切れに懸賞金をかけようと考えております。
最初に契約切れに気づいて私あるいは枢機卿に報告くださった方に
謝礼を支払うというものです。
いずれの案もこれから詰めてゆく所存であり、選挙活動の折には
もう少し具体のお話しが出来そうです。

以上です。

--------------------原稿 おわり-----------------------------------------


その他の首長のみなさんも、それぞれに実直に、自分に出来る範囲で
様々な工夫をこらし、首長としての務めを果たしていらっしゃるようだ。

今回の評議会を聞いていると、そのバラエティーに富んだ活動が伺える。
それを見守るブラックソン王陛下の振る舞いは常に慈悲に満ちており、
そして評議会の会場を満席にするほど集って下さる市民の皆さんはいつも温かい。

北斗の市政は、ゆっくりだが成熟しつつあるように思う。

私は、あまり派手な活動はできないが、それでも引き続き北斗市政の一翼を担っていけたらと考えている。

北斗三期第二回評議会

昨日1/26 午後9:00から、北斗三期第二回評議会が開催された。

不覚にも3分くらい遅刻してしまった私。
遅刻しないように周到に準備していたのに、、、

実をいうと、私は評議会に備えてあらかじめブラックソン城内でログアウトしていたのだ。
「ふっふっふっ。これで、直前までスピーチ原稿を推敲できるというものだ。ヤルな俺。」

ところが、ログインすると、、、マジックストーム@@; 他の都市へ飛ばされる私。

「ぎゃー、、、そうだった。そういう仕様だってこと忘れてたヨ。
しかもマジックストームくらうと数分はリコールできないんだよな、、、、。
はい!遅刻確定。。。バカバカ、俺のバカ。」

、、、、、みたいな感じで、既に開始されている評議会に大汗かきながら、首長席にさりげなく座った私だった。次から気を付けます。

さて、反省はここまで。

以下に、私が評議会に報告した内容を掲載する。
いつも原稿棒読みでちょっと申し訳ない。ブラックソン王が、都度都度いい感じに返事というか合いの手というか、コメントくださるのだが、いつもアドリブが効かず、どうもいまいちかもしれない。

---------以下、報告内容原稿----------------------------------------

第三期ユー市政の中間報告をいたします。
ユー市民からは、とりたてて大きなイベント企画が無い反面、
不満や改善要求もありませんので、
市民は皆、つつがなく暮らしていると考えています。
ただ一点、今月の中旬にギルド契約を1日半も途絶させてしまうという
トラブルを起こしてしまいました。
契約の絶対安定を信条としている私としては、これは非常に遺憾な出来事であり、
今後、同様の問題を起こさぬよう対策を検討中です。
この問題の根本は、やはり契約の権限が私ただ一人に委ねられ
非常事態でののバックアップが無いことに尽きます。
私に不測の事態が生じた際のリスクを分散する手段を目下模索中です。
そこで王室への提案ですが、副首長を任命できる制度を追加できないでしょうか?
たとえば首長は複数名の副首長を任命し、首長が機能しない場合に
副首長の3人が同時に市政ストーンにアクセスすれば首長権限を代行できる
といったアイデアが想起されます。
ただ、私としては、現在の制度に不平を言うつもりは無く、
王から与えられた制度の範囲内で、いかにハッピーになれるかを追及するのが
ブリタニアの醍醐味だと思いますので、私に出来る限りのアイデアを
ひねっていくつもりです。 以上です。

------------------------------------------------------------------------


今回は「契約権限の代行者が、非常時の備えとして必要ではないか。そして、できればシステム側でそれに対応する改善をお願いできないか。」と提案してみた。
本当は、システムの問題をあれこれ文句言うのは好きではない。
自分の欲しいものを無い物ねだりするクレクレ君になってしまう恐れがあるからだ。
なので、今のルールに感謝と敬意を払いつつも、あくまでアイデアとして「副首長制度」案をやんわり提言させていただいた。
結果、他の首長のみなさんからも賛同をいただき(というか、私が言わなくとも、おそらく他の誰かが提案しただろう)、王も耳を傾けてくださったのは嬉しい。

このほか、いくつか話題があった。
ブリテインの新企画イベントや、トリンシック首長からの報告などである。
我々ユー市民の安全にも関わる重大な情報も、報告されているので、のちほど触れたい。
今日はここまで。


プロフィール

Syunan

「Ultima Online」のHokutoシャードにてユー(Yew city)の首長を務めていました。多くの市民と手探りにて職務遂行した記録です。
当時の合言葉は、
Yew! きちゃいな Yo!
令和元年UO復帰。

最新コメント
アクセスカウンター